賃貸経営

都内にマンションを所有している井上様は80歳。井上様の長男が父親に代わって不動産経営を任されていますが、経営している賃貸マンションが老朽化が目立ち、修繕工事が必要となってきました。
父親が最近もの忘れが多くなったような気がしていて、もしも父親が認知症になった場合、どうすればいいか不安がありました。このマンションの相続人は長男のほか弟妹になりますが、父親が健康なうちに建替えも検討しています。

信託会社が不動産を経営

  1. 認知症などの意思能力の低下に備えて、老朽化しているマンションの建替えをしました。
  2. 建築後の不動産経営の判断も信託会社に任せられます
  3. 不動産経営の経験や知識がない相続人も、資産承継ができます。

この事例に関するサービス

活用事例一覧に戻る

スターツ信託は、「不動産信託」を活用し、土地の有効活用をはじめ、不動産の賃貸経営やスムーズな資産承継などのご相談にお応えいたします。

個別相談・セミナーお申込み
不動産の活用や継承に関するお悩み解決をサポートいたします。
お気軽にお申し込み下さい。
個別相談・セミナーお申込み
03-6202-0116
受付時間 9時〜18時(水・日定休)
資料請求
まずは資料を見て検討したいという方、詳しい資料をお送りいたします。
資料請求