相続の悩み

Aさんはご自宅周辺に貸地と駐車場を複数所有しています。
ご家族は奥様と長男、次男がいますが、長男は特別障がい者(身体障がい1級)です。長男の将来の生活費や療養費のことを考え、収入源となる駐車場を長男に贈与したいと考えていました。そんな折、確定申告をお願いしている会計事務所から「特定贈与信託」の活用についての提案がありました。

特定贈与信託を利用して贈与税が非課税

  1. Aさんは、所有している駐車場を信託し、受益者を長男に設定しました。
  2. 信託により長男は不動産経営に関わることなく、定期的に生活費や医療費等が交付されることになり、長男の将来の不安が解消されました。
  3. 特定贈与信託を利用したことで、6,000万円を限度(※)に贈与税が非課税となりました。

    特別障害者以外の特定障害者の場合は3,000万円を限度として贈与税が非課税となります。

この事例に関するサービス

活用事例一覧に戻る

スターツ信託は、「不動産信託」を活用し、土地の有効活用をはじめ、不動産の賃貸経営やスムーズな資産承継などのご相談にお応えいたします。

個別相談・セミナーお申込み
不動産の活用や継承に関するお悩み解決をサポートいたします。
お気軽にお申し込み下さい。
個別相談・セミナーお申込み
03-6202-0116
受付時間 9時〜18時(水・日定休)
資料請求
まずは資料を見て検討したいという方、詳しい資料をお送りいたします。
資料請求